聖地巡礼  

高千穂町 地元民激推し【推しの子】聖地巡礼案内!!

今、大人気のマンガ【推しの子】

物語のカギを握る場所が高千穂町だって知ってました?

今回は、作品の大ファンだという地元民だから知る【推しの子】の聖地をご紹介します。

 

「自称『高千穂町の【推しの子】応援団長』なんですよ」と笑顔で語るのは高千穂町在住のロキさん。

連載当初から作品を追いかけていたのだとか。

「元々赤坂先生の作品が好きだったんですが、そこに女の子のかわいさに定評のある横槍先生の作画がつくとなったら、『これはもう読むしかない!』という感じでした。

しかも第1話の冒頭で『ここって高千穂だよね……?』というコマが出てきたので、勝手に運命を感じて応援してます(笑)

作品の中に高千穂町の風景がそのまま出てくるので、地元民としては感動もひとしおです」と熱く語るロキさん。

 

そんな、高千穂町の地元民だからこそわかる【推しの子】の聖地を教えていただきました。

 

マンガ【推しの子】とは

まずは【推しの子】のおさらいから。

【推しの子】は、赤坂アカ先生(原作)と横槍メンゴ先生(作画)によるマンガ作品です。現在単行本13巻まで発売されていて、週刊ヤングジャンプ(集英社)で現在も連載中。

アニメ化もされ、今年4~6月に第一期が放送されました。2024年には第二期の放送が決まっているそうです。

 

地方都市で働く産婦人科医・ゴローのもとに、推しのアイドルである「B小町」のアイが現れたことから始まる、芸能界を舞台とした復讐劇です。

ロキさん曰く「キャラが可愛いだけじゃなくて、サスペンス要素もあって展開が読めない。考察を楽しめる一面もあり、かつ芸能界の裏側が垣間見れる、二重三重に楽しめる」作品です。

 

物語の始まりは高千穂町。第1話の舞台が高千穂町なのです。

が!

高千穂町が再び舞台となり、町の風景がそのまんま作画に出てくるのは8巻。

「観光名所だけではなくて、何気ない町の風景がそのまま描かれています。単行本8巻を片手に町を歩いて、好きなキャラになりきって写真を撮るのがおススメです!」とロキさん。

 

見つけたときの感動間違いなし!聖地巡礼・街中編

単行本8巻には、「高千穂がまだせ市場」から高千穂神社までの間の風景が頻出!

地元民だからこそわかる、発見難易度高めのシーンがたくさんあるんですよ。

第74話(8巻68ページ)に出てくる高千穂町入口の看板(熊本県との県境付近にあり、高千穂町中心部からは車で20分弱かかりますのでご注意くださいね)。

登場人物たちが、熊本空港からレンタカーで高千穂町に向かっている途中のシーンです。ここから高千穂町を舞台にストーリーが進みます。

第74話(8巻70ページ)で、登場人物が眺める景色の真ん中にある「よいとも」と書かれた看板。

実物は「いいとも」と書かれていますが、文字以外は風景そのままでしょ!

第74話(8巻75ページ)で、登場人物たちが歩いているのは、高千穂町中心部の「神殿(こうどの)通り」。

「高千穂がまだせ市場」から通りに出て、高千穂神社方面に向かっている図です。

ちなみに、見切れていますが左側の街灯に「よいとも(いいとも)」の看板があるんですよ。

第75話(8巻79ページ)で、ちらっと出てくるここ、わかりますか?

作中では吹き出しに隠れて像の胸下からしか描かれていませんが、「高千穂がまだせ市場」入り口付近にある手力男の石像です。これがすぐにわかる人はすごいかも!

高千穂がまだせ市場へのルートマップはこちら

第75話(8巻80ページ)で、登場人物たちが会話をしているシーンの背景。

難易度高めですが、ここは高千穂神社交差点です。主人公の一人と同じ姿勢で立つロキさん。視線の先には高千穂神社があります。

 

芸能人が足しげく通うパワースポット!聖地巡礼・荒立神社編

言わずと知れた「芸能の神様」を祀る荒立神社(あらたてじんじゃ)も、作中に出てきます。

第80話の後半で、芸能界で活躍する登場人物たちもしっかりお参りしているんです。

作中と同じポーズでロキさんが紹介してくれましたよ。

この角度から見る鳥居、【推しの子】ファンならどのコマか分かりますよね!

鳥居の次のコマを再現。B小町メンバーもこんな風に境内を歩いていたのかも?

荒立神社境内にある願いが叶うと言われている板木。画像では伝わりませんが、作中ではMEMちょが「木の板を槌で叩くと一拝の効果があるんだって!」と紹介してくれています。

鳥居をバックにお参り。作中では、ミュージックビデオ撮影兼慰安旅行で高千穂町を訪れたアクア達6人が、並んで手を合わせているシーンです。

★荒立神社(あらたてじんじゃ)へのルートマップはこちら

架空の場所だけど、きっとこんな感じ~と体験してみて

第一話の舞台となっている「病院」は、架空の場所なんです。

だけど、登場人物たちが屋上から見ている風景はこんな感じのはず!という場所に、ロキさんが案内してくれました。

高千穂町を一望できる「国見ケ丘」。

★国見が丘へのルートマップはこちら

作中の病院は丘の上にあるという設定なので、病院からはきっとこんな風景を眺めていたんだろうな~。

作中でもアイが「夕暮れでも星が凄くよく見える……」というシーンがありますが、高千穂町の夜空は本当にきれい。町中心部近くの高台からでも、こんなに星が見えるんですよ!

 

おわりに

高千穂町の「【推しの子】聖地巡礼スポット」をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した場所以外にも、高千穂町には絵になる風景がたくさんあります。ぜひ単行本片手に高千穂町に遊びに来てくださいね。

 

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

お客様のご要望に沿ったおすすめの観光情報・宿(ホテル 旅館)・レストラン・居酒屋・カフェ・ショップ等をコンシェルジュスタッフが厳選してご紹介しております。

高千穂町の桁違いの最強パワースポット!天岩戸の歩き方完全版。
高千穂椎茸命茶 2箱セット
高千穂Kaori茶 ~輝~ 2箱セット (高千穂産釜炒り茶)